--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5 年間の成長と貝選びの基準

2015年05月02日 21:13

オカヤドカリの飼育を開始して丸 5 年が経過したわけだか、5 年間で彼女はどれだけ成長したのだろうか。


hikaku.png


ヤドカリを飼いはじめたころの写真と今の写真をほぼ同じ縮尺で比べてみるとこのようになった。
アングルが違うのでピンとこない部分もあるが、年月分の成長を感じる。
虫餌をやると成長スピードが速くなるような気がしているのだが、比較対象がないので判然としない。
一方、これまでの宿貝と現在の本人を並べてみたものが下になる。


s図3


前甲長をあまり頻繁に測ってこなかったため、宿貝はこれまでの成長を振り返るもっともよい試料となる。
ご覧の通り、成長するに従い大きな貝を選んできたことは間違いないが、これを数値として表せないだろうかと思い、試みた。
まず、しばしば使われる貝殻の開口長を縦横ともに測ってみた。
ノギスは使わずに定規をあてて測っているので、ある程度誤差は生じていると思われる。


グラフ1

上の通り、開口長では縦横ともにきれいな直線にならないことがわかる。
これには貝の種類による差があると思われる。
また、加工された磨き貝と天然のままの貝を比べてみると、加工貝では口部分が切り落とされている。
*ただし、並べた貝は別種同士


図1


このことにより、加工貝の開口長は実際よりも小さい数値として表れてしまう。
すなわち、開口長は必ずしも貝の大きさを示す安定基準にはなりえない可能性がある。

それでは、ヤドカリは貝のサイズをどこで判断し、ふさわしい大きさの貝を選んでいるのだろうか。
色々と計測してみた結果、二巻目の最大径は、時系列に従ってきれいに上昇することが分かった。


図2



グラフ2


宿替えの対象となる貝には、この部分の径が現在のものよりも 2-3 mm 大きいものが選ばれている。
宿替えの際、ヤドカリが鋏をつっこんで入念にチェックしているのは、二巻目の広さなのではないだろうか。


ではなぜ、その部分の広さが重要なのかを考えてみた。

ttp://tafthill.com/glhecrsh2.html

ヤドカリ用にガラス製の貝殻を販売しているこちらのサイトを見ると、ヤドカリが貝から上半身を出しているときは、殻の内部はかなり余裕のある状態であることがわかる。
しかし、ヤドカリが貝殻に引っ込む場合、腹部もまた貝殻の奥へ入り込み、せまいスペースいっぱいに腹部が納まることとなる。
この時に腹部が位置するのが今回計測した二巻目付近であるようだ。
今後、貝を選んで与える時の参考にしてみようと思う。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://purpureus.blog9.fc2.com/tb.php/53-b4cffae8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。