--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱皮槽

2012年10月23日 21:29

冬の足音すら感じられるこの頃、前の脱皮から 5 ヶ月ほどでヤドカリは潜っていった。
脱皮の兆候自体は、2 週間ほど前から見られていたが、今回は潜っては出るを繰り返すこと 10 回ほど、ようやく落ち着いてくれた気がする。
いつもは脱皮の兆候が表れるや、すんなり潜っていくこの個体にしては珍しいことだった。
その原因としてもしやと思い当ることがあるので、少し書いてみたいと思う。

今の脱皮槽は、一辺 15 cm の立方体をしている。
なみなみと砂を入れて、ようやく脱皮場所として要件を満たすくらいのものだ。
今回は、その脱皮槽の縁より 3 センチほど砂が少なくなってしまっていた。
本人の活動も含め様々な要因で少しずつ砂がこぼれていってしまったことに、気づかなかった。
それでも、中に入るヤドカリがあまり大きくなければよかったのだろうが、大きくなった若紫は、脱皮室をこれまでよりひろくとらなければならなかったようだ。
その状態で深さが無ければ、脱皮室の天井は極めて薄くなってしまう。
何度も失敗を繰り返していたのは、そのせいではないかと考えた。
急遽砂を足してやったところ、間もなくあっさりと潜っていき、今日は一日かすかに音を立てるだけだった。
つらつらと考えるうち、立方体の脱皮槽というのはあまりうまくないような気がしてきた。
崩れにくい脱皮室を作るためには、多少狭くとも深さのある脱皮槽を用意してやることが肝要なのではないだろうか。
ヤドカリが大きくなればなるほど、はっきりとその傾向が出るのかもしれない。

そのようなわけで、脱皮槽の買い替えを考えている。
とりあえずあと一月、静かにヤドカリの帰還を待とうと思う。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://purpureus.blog9.fc2.com/tb.php/42-bda6255b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。