--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱皮と宿替え

2011年10月20日 17:01

日々の忙しさに紛れ、更新がすっかり間遠になってしまった。
オカヤドカリはあの後 8 月 20 日頃に潜り、珍しく丁度ひと月で脱皮を終わらせ、無事に出てきてくれた。
現在それからひと月ほど。食欲もある程度落ち着き、ゆったりと過ごしている。
体色は、これまでと大差ないものの、オレンジ色に鮮やかさが加わり、やや青っぽい着色も青あざ程度だけれどはっきりしてきた。
このまま、どちらともつかない体色のヤドカリになるのではないだろうか。

IMG_1432.jpg


脱皮から二月ほどすると、背負っている貝殻がいよいよ小さいように思われたので、奮発して沢山買い込んでみた。
よさそうな大きさのものを見繕って入れたところ、すんなりと宿替えしてくれた。
選んだのは、意外にも磨きサザエだった。
つやつやと美しいが、只でさえぼんやりした彼女の体色にはあまり似合っていない。

IMG_1513.jpg


強度に劣る磨きサザエは好まないのかと思っていたのだが、よく見ると確かにサイズははぴったりの様子。
脱皮潜りにしろ、貝殻選びにしろ、若紫は的確に要領よく決断するしっかり者で、愚鈍な飼い主はいつも助かっている。

IMG_1514.jpg

宿替え後は急に食欲が旺盛になり、昼夜を問わずよく食べている。
沢山食べた後は、腹部が膨張するのか体の前方部が貝殻の中に引っ込みにくくなるようだ。
貝殻の大きさに合わせて成長すると言われるのは、貝殻内のスペースの大きさに関係があるのではないだろうか。
食べればそれだけ腹部は膨らむが、それを許す余地が貝殻の中になければ、食べる量の限定要因となる。
それがまわりまわって、成長に響いてくるのかも知れない。

IMG_1558.jpg

ほぼ時を同じくして、水槽内の模様替えをした。
流木と水入れを新調し、ますます地味なレイアウトとなった。
上から見るとこのようになっている。

IMG_1588.jpg

蓋は飼育を始めた当初から変わらない急ごしらえのものだ。
大きさの違うガラス板を、二枚段違いに重ねて使っている。
そのため、その間には横長の隙間ができる。
水槽内の湿度は、この隙間をクリアファイルで塞いだり塞がなかったりすることで調節している。
そのような有様で、脱走防止策など一切講じていないのだが、今のところ一度も脱獄されていない。
若紫もそろそろLサイズの域に入り、体重もそれなりであるために、水槽の四隅のゴムを摘まんで登るというような軽業が出来なくなっているのかもしれない。

IMG_1547.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://purpureus.blog9.fc2.com/tb.php/40-9c51b881
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。