--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オカヤドカリの糞を調べる

2011年02月25日 20:06

sssP2230111.jpg

蟹の殻を沢山食べて満腹のオカヤドカリ



オカヤドカリが実際に何を食べ、消化吸収しているのかということを直接的に調べるには、糞をよく観察するのが一番の早道です。
そのような訳で、先日早速糞を採取し、細かく調べてみました。
私がそこから知りたかったことは大きく分けて二つあります。

1. オカヤドカリはセルロースを消化できるのか
2. オカヤドカリはキチンを消化できるのか

セルロース(植物由来)もキチン(昆虫や甲殻類の殻由来)も、非常に安定な多糖類で、どちらを食べても人間はそれを消化することが出来ません。いわゆる食物繊維と呼ばれるものたちです。
これらを分解(消化)することが出来るか否かで、虫や落葉を好むオカヤドカリの栄養効率は大きく変わってくるのではないでしょうか。

結果、もっとも多く含まれていたのは、樹皮や落葉の欠片でした。
それを細かく見ると、まだもとの形を留めたままのものが多く、セルロースをしっかり分解しているとは考えにくい状態でした。
しかしそれでは、落葉や流木をあんなに好んで何を栄養にしているのか…という部分に疑問が残ります。
落葉に付着した菌類や細菌を消化しているという可能性はあるかも知れません。

一方、昆虫や蟹の殻は形を留めたものが発見できませんでした。
後者については、単に今回の糞の中に入っていなかったというだけなのかも知れません。
(甲殻類の腸の中にはキチン質に覆われた部分もあるので、分解酵素を持つというのは考えにくいと予測しています)
また継続して調べてみたいと思います。

*尚、セルロースを分解できる共生細菌がいる可能性は否定し切れませんが、シロアリで見られるような大型の原生動物は発見されませんでした。


追記:オカヤドカリの糞の中から出てきた欠片とミルワームの殻が完全に一致しました。
やはりオカヤドカリは、昆虫の外骨格、キチン質を消化できないようです。




コメント

  1. 波風 | URL | mQop/nM.

    食糞

    飼い主さん、こんにちは。
    精力的に更新されていますね。
    ヤド閑期の貴重な栄養源として楽しませて頂いています。

    >落葉に付着した菌類や細菌を消化しているという可能性はあるかも知れません。
    甲殻仲間のニホンザリガニは、腐食した落葉に繁殖したバクテリアで、必要な栄養素をほぼ賄っているそうですから、落葉食は意外に栄養効率が高いのかもしれません。
    生木の皮や流木を食べる意味はよく分かりませんが、生き物、特に知能を持たない生き物の食行動に無駄はないと思いますから、何らかの意味があるのでしょうね。

    オカヤドカリが自ら排泄した糞を食べるという行動を観察したことがありますし、他の愛好家からも同様の事例が複数報告されています。
    「糞食」と言うのも一つのキーワードになるのでは?

    「スカベンジャー」の肩書はダテではないようで(笑)

  2. 飼い主 | URL | -

    Re: 食糞

    コメントありがとうございます!
    急に更新したりゆるゆるになったり…だんだんテキトウになってしまうかと思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    ザリガニが落葉を食べるのは細菌が目当てなのですね。
    オカヤドはん様のつけ落葉の記事を思い出しました。
    うちの個体が落葉や流木を食べるとき、より朽ちた部分から先に摘む傾向があります。
    おそらく、ビシャビシャの状態でなくても、そのような部位ではバクテリアの繁殖密度が高いのかも知れません。

    ブログ本文では割愛してしまいましたが、排泄してから一時間以内と思われる今回の糞の中にも、おびただしい数のバクテリアが含まれていました。
    糞が湿った状態に保たれていれば、バクテリアはさらに繁殖するでしょうから、彼らの美味しいゴハンになるのでしょうね。
    情報ありがとうございます。
    ご助言を参考に、早速落葉の与え方を改良してみようと思います。
    動物の糞を与えることも考えているのですが、リスクが大きいので今のところ、止しています。
    いつか何かが吹っ切れたら、仕出かすかもしれません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://purpureus.blog9.fc2.com/tb.php/24-afbc01a5
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。