--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ええっ!

2015年05月12日 20:10


http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00360-004-0415-7

この論文を読んだ時の素直な感想である。
貝を背負ったオカヤドカリの仲間は、世界に 1 属しかいない小さなグループであるが、同じオカヤドカリ科にはヤシガニという別属がいる。
この論文は、ヤシガニの消化(同化)能力について、食べた餌と排泄物の組成を比べることで解析している。
「ええっ!」と声が出たのは、ヤシガニはセルロース(植物由来の食物繊維)やキチン(節足動物の外骨格)を分解できる、その酵素を持っているだろうと述べられているところであった。
セルロースやキチンは、一般的に消化するのがとても難しい。
どちらも多糖類なので、栄養としてのポテンシャルは高いのだが、糖同士がガチガチにくっついていて、効率よく消化できる生物はあまり多くない。
それらを、ヤシガニはかなりいい効率で分解して、体に取り入れているかも知れないというのだから驚きである。

オカヤドカリに最も近い親戚であるヤシガニがもつこの能力。
もちろん、オカヤドカリとヤシガニでは食性も異なるのだから、一緒くたに考えてはいけない。
しかし、もしもオカヤドカリが同じようなことをできるとしたら、どうだろうか。
我が家の若紫(ヤドカリ)に与えている餌は、主として落ち葉と昆虫だ。
これを主食と決めたのは、第一に先人の皆さんからの指摘があった。
その上で色々なもの与えて観察したところ、「喰っている」と感じられる量を食べた餌が、この 2 つだったのである。
色々な生き物を飼ってきた経験から、感覚的にこれならいけると思ったのを覚えている。
落ち葉の主成分は、セルロースなどの食物繊維である。また、昆虫の外骨格はキチン質(クチクラとも呼ばれる)でできている。
一方、以前オカヤドカリの糞の中に昆虫の外骨格が含まれているのを確認しており、キチン質は分解できないのではないかと考えた記事がこちら。

http://purpureus.blog9.fc2.com/blog-entry-24.html

しかし、昆虫のクチクラは層構造になっており、上の記事のようにちょっと顕微鏡で見ただけではオカヤドカリが全くキチン質を分解できないとは証明できない。
ヤシガニがキチン質を分解し、どのような状態で吸収しているのかは判然としないが、吸収した物質のうち、何らかを自らのキチン合成に流用している可能性はあるだろう。
オカヤドカリにおいても、スムーズな脱皮のために節足動物を与えることは保険になるのかも知れない。

一方、オカヤドカリとヤシガニには、栄養分の貯蓄に関して共通点もあるようだ。

http://www.lib.shimane-u.ac.jp/kiyo/d004/0007/n001.pdf

ヤシガニ・オカヤドカリの肝膵(いわゆるミソ)には海産甲殻類と異なり、多くの脂肪が蓄えられていることが述べられている。
つまり、海産の甲殻類に比べて飢えに強いということだろう。
ヤシガニは肝膵が肥大すると、腹部が大きく膨らむのだというが、おそらくオカヤドカリも同様だ。
肝膵に脂肪をたっぷり蓄えているからこそ、長期間の脱皮も乗り越えられるのかも知れない。
以前の記事で触れた、「貝殻の二巻目サイズ」はこの点においても重要なのかも…と今夜は一人合点している。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。