--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落葉を与える→濡れ落葉へ

2011年02月27日 18:26


みーばい亭様、オカヤドはん様(リンクを参照ください)から刺激を受けたことをきっかけに、落ち葉と昆虫を基本に据えた餌やりをしています。
今は、オカヤドカリが日中の大半を過ごす隠れ家に、常時落ち葉を敷いています。
彼女がそこでぼんやり目をさましたときに、ちょいちょいつまめますし、身を隠すのにもよく、落ち着くだろうと思うからです。
これまでの様子を見るに、落ち葉は継続して与えた場合でも、もっとも喰いつきの落ちにくい食物のようです。
たまに新しい樹種のものを入れてやると、より盛んに食べます。
今のところ、

・ナラ類
・カバノキ類
・ガジュマル
・樹種不明の小枝

の枯れた落葉を入れており、どれもよく食べている様子です。
また、ガジュマルの生葉は、切り取って寝床の中に敷いてやるとよく食べることが解りました。
野外の落葉を水槽に入れる前には、よく乾燥させてダニなどの卵を除いておきます。
熱処理すると尚安全なのですが、落葉上の菌/細菌ファウナのバランスが崩れ、目立つカビが繁茂するので、最近はやっていません。

さらに最近は、糞の観察結果と波風さんのご助言から、オカヤドカリが落葉から得ている養分が菌や細菌由来である可能性が浮上してきました。
これに従って、落葉の与え方を一部改良してみました。
浅く水を張った容器(ガラス製)の中に落葉をつけたものを、新たに用意し、水槽内にセットしました。
濡れた状態が保たれれば落葉上ではどんどんバクテリアが繁殖し、オカヤドカリにとって美味しい状態になるかも知れない、という考えからです。
オカヤドはん様の漬け落葉にもよく似ていると思います。
今のところ、ヤドカリの反応は上々です。

それにしても、落葉を好んで食べるオカヤドカリを見ていると、このキーワードが思い出されてなりません。

分解者(wiki へリンク)

分解者(のうちの、節足動物)の多くはセルロースを体内で消化できませんので、バクテリアごと食して栄養にしてしまいます。
落葉を全て消化できるわけではないので、体の割りに食べる質量は多く、その結果地表の落葉はみるみる細かくばらされていき、細菌や菌にとってより分解しやすい形となり、地上はきれいに掃除されるという図式です。
生態系という枠組みで捉えると、オカヤドカリは分解者でもあるのではないでしょうか。
さらに、波風さんのご助言から調べて見たところ、オカヤドカリは糞も好んで食べることが解りました。

http://www.ogasawara-syokubutusi.com/husigikankei1.htm

糞食がオカヤドカリに欠かせないものならば検討しなければならないと思います。
草食動物の糞ならば入手できないこともなく、比較的扱いやすいです。
が、やはり糞と名のつくものの不潔さには躊躇せざるを得ません。
また哺乳類とヒトでは共有する寄生虫もありリスクが大きいので、ここはしばらく思案する間、ヤドカリには我慢をしてもらおうと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。